DESIGN デザイン

美しい都市を彩るために
都市のアートとなる建築デザイン

外観|ナビューレ横浜タワーレジデンス
『ナビューレ横浜タワーレジデンス』のデザインは、優美でありながら凛とした、佇まいがモチーフにされています。空と海を映し出すガラス面を強調したデザインと、気品あるパールホワイトのタイルの組み合わせ、さらに、柱と床の断面に施された凸凹のデザインが、陰影のある縦と横のラインを生み出すことで、美しく繊細な表情が演出されています。海のある風景と一体になり、その美しさを一層高めていく外観デザインになっています。

水の都・横浜と共演する

ラウンジからの眺望|ナビューレ横浜タワーレジデンス
「横浜」と聞いて、まず最初にイメージするのは、海のある風景ではないでしょうか。海を隣人とする横浜のこの地に、『ナビューレ横浜タワーレジデンス』は、水の都・横浜にふさわしい超高層建築物を目指して建てられました。心地よい水辺と優美なデザインの建物が共演することで、ひとつの都市景観が描き出されています。
※写真はビューラウンジ(26階)からの眺望

美しい都市を彩るアート

外観|ナビューレ横浜タワーレジデンス
極めて私的な住まいでありながら、同時に次の時代へ語り継がれていく建築作品でもあることが、真の“邸宅”のあるべき姿だという考えのもと、『ナビューレ横浜タワーレジデンス』は、美しい都市を彩るアートとなる超高層邸宅を目指して建てられました。その象徴とも言える、壁面をガラス貼りにしたギャラリーウォールをはじめ、デザインへのこだわりが、マスタープランの隅々にまで息づいています。

※掲載している画像、素材(テキストを含む)などの情報は、分譲当時、竣工時、または当サイト制作時に作成、撮影したものであり、実際とは異なる場合がございます。
※掲載している画像、素材などの情報の一部には、イメージが含まれており、実際とは異なる場合がございます。